スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP -
息抜きに
電卓


仕事の合間に電卓でこれを眺めて息抜き

右が勘違いして銃を撃つ宗介で、左がそれに呆れるかなめ


うん、なにやってんだろうね自分
| フルメタ | 18:59 | comments(7) | - | ↑TOP -
より抜き フルメタルパニック
ドラマガでスタートした「より抜き フルメタルパニック」
描き下ろしとのことで読んでみました

まず、懐かしき第一話のカラーイラスト。

・・・・・・誰?

一瞬、わからなかったですよ(汗

イラストは、ワンシーンというより、人物絵でしたね。正直残念でしたが。
最後には一話目に対するインタビュー。物書きとして共感できます。

自分はフルメタを知ってからドラマガを読み始めた頃は、もう六巻のウィルスの話でしたから、大分前からずっとやってたんだなあ。

もしリアルタイムで一話目からフルメタを知ったら、もう少し人生を楽しめたかもしれません(そこまで?


しかし。どうせなら短編の新作が読みたかったなあと思うのは贅沢ですかそうですか
| フルメタ | 17:43 | comments(0) | - | ↑TOP -
せまるニック・オブ・タイム 完読
フルメタ最新刊のせまるニック・オブ・タイム。

もっと時間がかかると思ったんですが、一度読み出すとなかなか止められず、睡眠時間を削って一気に読んでしまいました。

ネタバレを含むので、以下は反転で。


いきなりスケールが壮大になりましたね。
ウィスパードの真相も明らかになりましたし、カリーニンの決断も、レナードの豹変も、クルツとマオの関係も、いろいろと驚かされました。
初頭のヤンの扱いは相変わらずひどいなと同情してた気持ちも、すっかり飛んでしまいました(酷

それにしても、話の運びは秀逸。難しい言葉で溢れかえってるのに、なぜだかするりと理解して読めてしまうのが、原作の実力ですね。さすが。

細かく感想を述べても長くなるだけですし、感想はどこでもやってるでしょうから、一言で。

とても楽しめた。


さて、ここからはちと趣向を変えて。
自分のサイトで『フルメタ事件簿』を書いてる自分としましては、読んでる最中にいろいろと気になる個所が数多くありまして。
事件簿と今作の関連が気になりました。もちろん、原作様と比べるなんて思い上がりもはなはだしいですが。

・幽霊が来る(原作)
・白い世界(創作)

クルツの狙撃シーンで、白い世界と同じ概念のものがでてきましたね。正直びっくりしました。
とはいっても、全く同じというわけではないですね。
そもそも幽霊が来るは長年の経験が必要とされてるのに対し、白い世界は才能なので。
しかもさすが原作は説明が実に詳細。自分は語彙が少なすぎます。

しかし、事件簿を書く前に、原作でこの言葉が出てたら事件簿はどうなってたんでしょうか。
事件簿でも幽霊が来るという表現にしたかもしれません。しかし、『白い世界』は勝手に作った言葉ですが、結構気に入ってるので、結果としてはこれでいいと思ってます。


・レナードの豹変

ここまでがらりと変わるとは思わなかったけど、自分の中ではよかった。
なんだか原作で、レナードがいい人っぽそうにしてるから、徹底的な悪役にした事件簿との違和感があったんですが、また近くなったのかな。
まあ原作のレナードは、総合的に見ると人類のための行動ぽいらしいですが、自分の解釈では勝手にやはり悪役とみてます。
なんかアマルガムと戦う必要がなくなるとかあったけど、それはちょっと納得がいきかねるなあ。あそこまで戦っておいて。


・クルツの死亡

マオとの関係を持ったあたりから、「あれ? これって死亡フラグ?」と感じてましたが、まさか今作中に亡くなるとは。
全然意識はしてないんですが、事件簿とほとんどタイムリーですね。
(ドラマガは全然読んでないので、向こうの時期は知らないですけど)


 まあ他にも細かいとこはあるんですが、これくらいで。
 長編は次が最後の一冊らしいですね。もう終わるんだ、とびっくりでした。あとまだ五冊くらいあるかと。

フルメタファンサイトも全体的に終息に向かってますし、うちもそうです。
事件簿もラスト間近ですしね。
始まりは途中からでしたが、終わりは一緒に終われるといいな。


原作のラストが楽しみです。合わせて、事件簿のラストもよろしくー。(最後は宣伝かい)
| フルメタ | 21:56 | comments(0) | trackbacks(119) | ↑TOP -
判断が生死を分ける?
帰り道、かなり夜遅い時刻に自転車で走ってると。

ジュースの自動販売機の前でおじさんが倒れてましてね。(これで倒れた人に遭遇するのは三人目)

もうそういうところに遭遇するのは、自分はそういう星の下に生まれたんだなと割り切ることにして。
また介抱しようかと声をかけてみたところ、意識はありました。ですが起き上がれないようで、しかも頭から血が出てる状況。
話を聞いてみると、どうも酔ったかなんかで倒れて地面のレンガに頭をぶつけたらしい。
救急車呼びましょうかと言うと、おじさんは「十分くらいじっとしてれば大丈夫だから」といって手を振る。

しかし、頭から血を出してるので携帯で救急車に。

ところが、介抱したのは三人目ですが、救急車を実際に自分で呼んだのはこれが初めてでして。
電話先に状況を伝え、場所を伝えたんですが、「その人は救急車はいいと言ってるんですが、頭から血ぃ流してるもんだから」と言ったとたん、その向こうの人はこんな説明を

どうも、その人に病院に行く気がないと、搬送できない決まりとかで。

そこでおじさんに再度尋ねるが、やはり行く気はないとのことで、救急車は断念。

人って、大怪我しても周りに気を遣われるのが恥ずかしくて、「いい、いい」って拒否することってありますよね。今回がそうなのか、それとも本当に大丈夫なのか、その判断が難しい。しかし行く気がないと搬送できないなら、どうしようもないらしい。

そこで思い当たったのが、二回目に倒れた人のこと。

駅の中で唇に血の気がまったくなくて、よだれ垂らして倒れてた人なんですが、救急車が着くのを確認してから、その場を離れたんですよね。
ところが離れてもやっぱ気になるので少し様子みてたんですが、なぜか救急車は声をかけるだけで、帰りの切符買うとこまで付き添って、引き上げるっぽい感じでして、あれ、運ばなくていいの?と思ってたんですが。
きっとあのときも、その人が救急車に乗るのを拒否して、搬送できないということだったんだと気づきました。
まったく生気のないあの顔をみた立場としては、病院行けよと思うわけですが、まあタダじゃないですしね。

難しいもんです。
みなさん、本当にヤバイときだけは、救急車受け入れてください
| 日常 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
賞味期限の罠
今日の昼飯はスパゲッティーでして

スパゲッティーの素という袋をゆでた麺にかけるだけというお手軽なタイプをよくいただきます

それで今日はタラコスパゲティーにしようと、『たらこ』の袋を選んで開封。

・・色がおかしい。

赤色は赤色なんだが、なんだかタラコとは程遠い怪しい赤色・・。

まさかと思い、賞味期限を見てみたら、期限が去年の11月・・


だが、ここで慌ててはいけない。スパゲッティーはタラコだけではない。まだ他にもツナマヨとカニマヨがある。

ツナマヨの袋を選び、こっちも一応賞味期限を確認してみると。

期限が去年の7月。
タラコよりやばい。

仕方なく、カニマヨで我慢するかと、そっちも賞味期限を見ると。

二年前の6月。


今日のお昼はなにも食べれませんでした。
| 日常 | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
リンクについて
リンクフリーです。 連絡不要。ご自由に
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE