<< 貴重な映像 | main | 殺人者擁護の世の中 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP -
映画・スーパーマン
前回に書いたコウモリは、翌日調べてみたところ

死んでました

なので土のあるとこに埋めてやりましたけどね。

それにしても、逆さにぶらさがりながら死んでるとは。コウモリの死ぬ瞬間ってそういうもんなんですかね。

も、もう死ぬ……だが、このままでは死なんぞ。せめてぶらさがって……逝くんだ……

なのか、それともぶらさがってるときに心臓麻痺で起こして死んだのか、どっちなんでしょうかね(どっちでもない気もしますが)


さて
今日の話は、映画「スーパーマン」(初期第一作目)のネタバレ含むので、ご注意を

ずっと前に、最新作のスーパーマンの上映記念として、テレビで昔の第一作目の「スーパーマン」をやってたんですね。胸にS字の、人間版鉄腕アトムみたいな有名なアレ

知ってはいたんですが、内容は見たことなかったんで、深夜放送だったんでタイマー録画して、見たんですけども
どうも野球延長してたらしく、ラスト十分前くらいにして、ぷっつんと切れました。
ラストが見れずに終わってしまったんですが、意外とシナリオあったなあというのが感想でした。
ちゃんと主人公はいきなりではなく、少しずつ自分の超パワーを自覚していったり。
で、悪の組織みたいなのがあって、そいつが地球を破壊?しようとなんかのマシンを起動。地割れが起きて世界がパニック(うろ覚え)
各地でスーパーマンが救出に
恋人もその地割れで、スーパーマンの到着遅れて死んでしまいました。
そして、スーパーマンは悲しみのあまり、地球をぐうーんと何周も飛び回るんですが

ここで切れました。なのでその後がどうなったかわかんなくて、でも大体は把握できたつもりでして。
力があっても、思い通りにいかないわけだ。ちょっと悲しいラストだが、まあこんなもんだろう
そう思って、それでよしとしてたんです


ところが
今日、雑誌に載ってたギャグマンガに、台詞の中に、どうやらその初期のスーパーマン映画についてのことが書かれてまして

台詞「胸にS字のついたヒーローがさ、ヒロインを死なせるんだけど、悲しみのあまり地球を自転の反対にぐーんと飛んだらさ、その分時間が戻って、ヒロインは生きていたってラストを見たとき唖然としたよ」


(゚Д゚  )
ええっ!?



これを読んだとき、ぼくも唖然としました
そんなタイミングでタイマー切れたの?
ラスト十分にしてとんでもねえどんでん返しじゃないですか

というか、自伝の逆向きに何周もしたからって時間が戻るもももも
そんなラストだったの? いや、ギャグマンガだから信憑性は高いとはいえなななな


帰って、おそらく見たであろう親にラストシーンを聞いてみると

親「ああ、そうだったそうだった。そういうラストだったよ」


なんてこった・・。
なぜでしょうかね。真のラストを知ったとたん、それで名作? って疑ってしまいましたよ。おかしいですね。僕がおかしいんですかね?


僕・・ラストは知らないままでいた方がよかったかもしれん・・

真の姿を知るのって・・つらいね
| 日常 | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
スポンサーサイト
| - | 16:05 | - | - | ↑TOP -
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tunetune.jugem.jp/trackback/35
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
リンクについて
リンクフリーです。 連絡不要。ご自由に
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE